歯医者が解説!歯科治療用語

このエントリーをはてなブックマークに追加

C0の虫歯をどうするか

口腔内の症状は、歯科医院で治療することになります。
口内の症状にはいろいろな種類がありますが、その中でもむし歯の治療をしに歯科クリニックを訪れる人は多いのではないでしょうか?
虫歯ですが、いろいろな段階があります。
その中でも最も症状の軽いむし歯のステージのことをC0と言います。
C0と言うのは、まだ歯に穴の開いていない状態のことを指します。
この状況であれば、歯医者で具体的な治療を受けなくても、自分で治療できる段階にあると言えます。
では具体的にどのようにすればいいのでしょうか?
治療と言われるとどうしても身構えてしまいますが、簡単にいえば歯磨きなどの普段からのデンタルケアを怠らないようにすれば問題ありません。
しかし歯磨きのやり方に問題のある人もいるかもしれません。
そこで、歯科クリニックで、正しい歯磨きの仕方について歯医者のようなプロから指導を受けるようにしましょう。
そうすれば、より効率的に虫歯対策を施すことができるようになるでしょう。
その他にも、歯磨き剤がいろいろとドラッグストアやスーパーなどに行くと販売されていると思われます。
このような歯磨き剤を使って、虫歯対策をする方法も推奨されるでしょう。
歯磨き剤ですが、フッ素やキシリトール入りのものを使ったほうが効果的です。
その他には、うがい薬や口をリンスするような商品も販売されていますので、こちらを有効活用する方法も好ましいと言われています。
また歯科クリニックの中には、予防充填と言う施術をC0の虫歯に対して実施することがあります。
予防重点とは、奥歯の溝になっているところがあるかと思われますが、ここをシールして塞いでしまうことを指します。
虫歯菌が侵入して、歯に穴を開けないようにするための予防措置を指します。
シールをする材料ですが、通常は樹脂製のものを埋め込むことで虫歯予防するのが一般的とされています。
このようにいろいろな角度から、虫歯がこれ以上進行しないように予防策を取るのが、C0の虫歯に対しての基本的な治療方針だと思って下さい。
その上で、C0と診断されたのであれば、定期的に歯科クリニックに通いましょう。
別に歯に違和感をもっていなかったとしても、定期的に訪れることをお勧めします。
そうすることで、虫歯の進行状態について、つぶさにチェックすることができます。
虫歯の進行をこれ以上ひどくならないように抑えるためにも効果的と言われていますので、怠らないようにすることです。

Copyright (C)2014歯医者が解説!歯科治療用語.All rights reserved.